2017年12月6日水曜日

写真の断捨離(デジタルデータ化) NIKON ES-1購入

NIKON ES-2の発売延期のニュースが流れてきて、貯まった写真フィルムの断捨離(デジタルデータ化)に対する焦りが再燃してきました。


ES-2はまだ買えませんし、結構な値段なので、ずっと安価で今でも購入できるES-1をポチしました。



手持ちのAF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gのフィルター径は52mmですので、アダプターを介さずそのまま装着することが出来ます。



ES-1はスライドして撮影サイズを調整できますが、APS-Cと40mm f2.8の組み合わせだと、一番短くした状態で、ちょうど全体の撮影ができます。 フルサイズ→APS-Cですので等倍ではありません。



実際の撮影は、スライドホルダーの前にLEDスタンドをセットし、スライドマウントされたポジをホルダーにセットします。

撮影条件は、F5.6, ISO100、RAWにしました。



これが、ポジからRAW、さらにJPEGに現像したものです。



昭和53年 亀穴峠

この時はソロだったはずです。

フロントバッグが付いていませんので、バッグを外して、カメラを三脚にセットして、セルフタイマーで撮ったのだと思います。 

急いで戻って担いだのでしょうね。



話を、デジタルデータ化に戻します。

ポジは60枚しか持っていません。 すべてスライドマウントされていますので、結構スピーディにできました。 

ネガの場合は、もうちょっと面倒です。 

気長にやりましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿