2019年8月13日火曜日

夏空が好き

孫達との3日間の楽しくも忙しい日々が終わり、今日はのんびり。

午前中、少しだけ家庭菜園の手入れをし、午睡の後、日が傾いてからちょっとだけポタリング。



夏空がとても良い感じ。  暑いのは嫌だけど、夏空は好き。



気が付いたら、陽水の「少年時代」を口ずさんでいた。






先日は、ゴーヤを初収穫。



生で食べられるという品種です。 ちょっとだけ試してみましたが、苦くて・・・・



我が家のゴーヤで作ったゴーヤチャンプルーは、とても美味でした。



2019年8月2日金曜日

天国から地獄へ

3日間の車旅から戻って来ました。

行き先は、いつもの奥日光。 酷暑からの逃避行です。




いやー、埼玉は暑いですね。

地獄の窯で焼かれているようです。





今朝は、寒くて目が覚めました。

気温は17℃。

朝早くから自転車に乗ってきましたが、ウィンドブレーカーが欲しくなるほどでした。









詳細は、また別途。


8月2日 奥日光車旅3日目 小田代ヶ原、戦場ヶ原

光徳P

朝4:30起床。

外気温は17℃、ちょっと肌寒くて目が覚めました。

もう少し早起きするつもりだったのですが、やはり昨日の疲れからか寝過ごしました。

簡単に朝食を済ませ、車で赤沼Pに移動します。

赤沼P

4:50 自転車を出して出発です。




小田代ヶ原

5:10 小田代ヶ原に到着。

昨日、常連の方から「4時に到着していないと、良い写真は撮れない」と聞いていたのですが、かなりの遅刻です。

まー、暗い中を走り出すほどの気力はありませんでしたけどね。




5:29 山の上から太陽が顔を出しました。



朝霧に包まれた幻想的な景色ですが、ちょっと霧が多すぎですね。


ノアザミの群生も霧の中。





帰路の途中、少し霧が晴れてきました。



貴婦人も少しずつ、ベールを脱ぎ始めました。




戦場ヶ原

一度車に戻り、今度は戦場ヶ原を歩いてみます。

身支度を整え、7:30 出発。



戦場ヶ原は動植物の宝庫。

ピンクの花園はホザキシモツケです。






ノビタキです。



ウグイス?が虫を捕まえました。 すぐに食べずに、咥えて藪に入っていきました。



ゴジュウカラです。 独特な動きで、シルエットでもゴジュウカラと解ります。




涼しさの中でリフレッシュできました。 

ここに住みたいような気持ですが、そうもいきません。

地獄の暑さの埼玉に戻りますか。

2019年8月1日木曜日

8月1日 奥日光車旅2日目 千手ヶ浜サイクリング、刈込湖トレッキング

光徳P

光徳Pには、オートキャンプ禁止と大きく表示されています。

昨晩P泊していた7-8台は、日中はテーブルや椅子を出している方達もいましたが、静かに過ごされていましたので、まーOKの範囲でしょうか。


5時半起床、外気温は18℃、気持ちの良い朝です。

スキっとした気温、鳥の声で目が覚める・・・最高です。 



6:40 ササっと朝食を済ませ、自転車を出して、サイクリングに出発です。




光徳Pから国道への道です。

何度も車で走った道ですが、ここを自転車で走るのは、2010年9月に志津林道を走って以来ですね。





戦場ヶ原

昨日、夕焼を撮った三本松園地の戦場ヶ原展望台に立ち寄ってみると、なんと鹿が食事中でした。

夜間に鹿を見るのは珍しくありませんが、こんなに明るい時は珍しいかも。



朝靄に霞む男体山。



国道から小田代方面に右折し、石楠花橋までやってきました。

さすがにこの時期は、水量が豊富ですね。



小田代ヶ原にはちょっとだけ立ち寄りました。

 
早朝の小田代ヶ原を撮影している方が数名いましたが、一人の常連の方と話をすると、「4時には此処に来ていないと、良い写真は撮れない」とのことでした。



千手ヶ浜

7:45 千手ヶ浜に到着。

バスの運行前ですので、誰もいません。 独り占めです。 

新しくテーブルと椅子が設置されていました。ぐっと雰囲気が変わりますね。





アキアカネにハンドル取られて・・・・・、歩いては帰りませんよ。



さて、戻りますか。


バス通りに沿って流れる沢には、川霧が発生していました。





小田代ヶ原

途中、小田代ヶ原で小休止。

ノアザミが満開です。





光徳P

9:30 車に戻り、次の準備。


10:20 靴を履き替え、ザックを背負って、トレッキングに出発です。

今日は、前回宿題となった、切込湖、刈込湖に行ってみたいと思います。

ルートは、光徳→山王峠→切込湖→刈込湖→湯元で、コースタイムは3時間15分。





山王峠

サイクリングの疲れか、足に違和感があり、途中で戻ろうかとも思いましたが、何とか11:20 山王峠に到着。



ちょっと休んだら、何とか元気を取り戻しましたので、もう少し進んでみます。


涸沼

涸沼までやってきました。

同じ漢字で、茨城には涸沼(ひぬま)という沼がありますが、ここは涸沼(かれぬま)です。

ここは初めてですが、なかなかの景色です。



歩いていたら調子が出てきましたので、予定通り行ってみることにしました。

切込湖

ハイキングコースから切込湖が見えてきました。




刈込湖

12:30 刈込湖に到着。



刈込湖から湯元に向かうルートは、こんな木の階段を何か所か登っていきます。



湯元

13:30 湯元に到着。



湯元からは、国道120号を光徳に向けて歩きだしたのですが、湯滝のバス停まで歩いたところでちょうどバスがやってきましたので、それに乗り光徳に戻ることにしました。

今日は、たっぷり運動しましたので、お腹一杯です。


光徳P

14時に光徳Pに到着。

奥日光は涼しいとはいえ、かなりの運動をしましたのでたっぷりと汗をかきました。

すぐにでも風呂に入りたいと、いつもの小西ホテルに電話をすると、「今日は貸し切りで日帰り温泉はやっていません」とのこと、残念。

で、光徳Pからは歩いて行けるアストリアホテルの温泉に入ることにしました。

アストリアホテルの日帰り温泉も、16:30からは学生団体の貸し切りになるとのことで、この時期はどこでもそうなのかもしれません。

アストリアホテルの温泉は、源泉かけ流し、料金は1000円ですが、タオルが付いてきますので、フラッと訪れる人にも良いかもしれません。


温泉でさっぱりしましたので、あとはのんびりするだけです。

2019年7月31日水曜日

7月31日 奥日光車旅1日目 戦場ヶ原の夕焼け

暑い、あまりにも暑すぎる。

やっと長い梅雨が明けたかと思ったら、ものすごい暑さがやってきました。

ちょっと前まで「あついぞ!熊谷」がキャッチコピーになっていた(2016から中止)熊谷市の近くに住む我々にとって、外で活動することは命の危険を覚悟しなければならないような気候です。(年寄りには決して大袈裟ではないかも)

エアコンを効かせた室内に閉じこもっているのではなく、気持ち良く「外遊び」したいということで、暑い埼玉から脱出し、涼しい奥日光へ行くことにしました。


家人は色々と用事があるので、一人で出かけることに。 まー、その方が、したいことを気兼ねなく出来ます。



家庭菜園の世話とか、色々と出発準備をしていたら、午後になってしまいました。

シャワーを浴びて、のんびり出発。



今回も前回と同様に足尾を通り122号で日光に向かいます。

途中の草木湖で小休止。

昔、東武日光駅まで輪行し、日光→草木湖→渡良瀬川CR→埼玉まで、140kmを自転車で走ったことを思い出しました。良い思い出です。






いろは坂を登って光徳Pに着いたのは、17時を過ぎていました。

今日は、何も出来ないなーと、のんびりしていると、外が異常な色。

慌てて三本松Pに移動し、戦場ヶ原の展望台へ行ってみました。









空も地面も車も、ぜーんぶオレンジ色でした。


外で写真を撮っていると、虫の攻撃が凄くなってきたので、光徳Pに戻ります。

光徳Pでは、キャンピングカーと乗用車合わせて7-8台が今晩を過ごすようです。


2019年7月24日水曜日

7月24日 家庭菜園 オクラの初収穫

家庭菜園の状況です。


ネズミとの戦いは一段落。

色付いた実に袋掛けすることで、ある程度の被害を避けられていますが、すべてに袋掛けできていないので、食べられているものもあると思います。

罠は効果無し。 まったく入った様子がありません。 



今日は、オクラを初収穫しました。

7月19日に開花したものが10cm程に育ちました。






それから、ゴーヤの赤ちゃんが2つ出来ていました。「やっと」という感じです。




最近、頭が痛いのが、虫の食害。


オオタバコガの幼虫に、トマトを10個以上食べられています。

何とかなりませんかねー。

2019年7月22日月曜日

7月22日 信州車旅3日目 大王わさび農場、松本城

道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里

夜半に雨が降りましたが、朝には止んで、どんよりした曇り空です。

天気予報では、昼頃から雨になるようですので、外での活動は制限されそうです。


この道の駅は約2年ぶりですが、トイレが改装されており、とても綺麗になっていました。

最近の観光施設は、トイレが綺麗な所が多く、観光客にとって重要なポイントであることを実感します。



ここの農産物直売場は超人気。8時半の開店なのですが、30分ほど前からすでに行列ができていました。

もちろん、我々もその列に加わりました。

開店と同時に、行列の皆さんが向かったのはナスのコーナー。 折り重なるように手が伸びて、まさにバーゲンセールの状態です。

中には、買い物籠一杯、ナスを買っている人もいました。 どうするんでしょうか?

他にも、新鮮な野菜がたくさん並んでおり、我が家も、ナス、シシトウ、蕎麦のもやし、リンゴジャム、等々たくさん買い込みました。


大王わさび農場 

今日の予定を協議し、大王わさび農園と松本城を訪れることにしました。

まず向かったのは、大王わさび農場です。

ここは2回目ですが、広大なわさび畑ときれいな水、美味しいわさび丼などが印象に残っており、再訪したい場所の一つでした。







到着したのは10時前。

わさび丼を食べたいと思っていたのですが、レストランは11時からでしたので、1時間以上待たなければなりません。

で、フードコートでわさび丼を食べることにしました。



レストランのわさび丼は、わさびとおろし金が付いてきて、自分でわさびを擦り下ろすのですが、こちらのは擦ったわさびが付いてきます。

時間がある人は、レストランのわさび丼をお勧めします。

それから、わさびアイス最中も食べてみたのですが、中がシャーベット状で、今一つわさび感に乏しい。 わさびソフトにすべきでした。



松本城

次に向かったのは松本城です。

ここを訪れるのは初めてです。

車は、すぐ近くの市営駐車場に駐車することが出来ました。



天守閣が残っている城は、全国で12しかありません。

松本城はその一つで、黒が印象的な城で、別名「烏城」と呼ばれています。



日本を代表する、白い城「白鷺城」と呼ばれる姫路城と対照的です。

そういえば、姫路城は、改装されてからは訪れていませんね。





天守閣は、ものすごい急な階段で繋がった6階建て。

中には、鉄砲を中心とした展示物がありました。







松本城は、鉄砲伝来から50年後に建てられたので、かなり鉄砲を意識した城になっています。



次に、松本城の入場券で入ることが出来る市営の博物館を見学し、帰路につきました。

途中、お気に入りの「鹿教湯温泉センター 文殊の湯」で汗を流し、

長野に来た時には必ずと言っていいほど買い物をする、地元のスーパー「つるや」で買い物をし、佐久南ICから高速で帰ってきました。



行き当たりばったりの信州車旅でしたが、なかなか充実した楽しい旅でした。