2018年9月13日木曜日

ベルハンマーグリース すごいですね

やっと涼しくなりましたね。

外での作業をやる気になってきました。



まずは、折り畳み小径車DAHON2号機のハブのグリースアップです。

8月27日に購入したベルハンマーグリースがやっと日の目を見ます。


フロントをばらしましたが、ダストシールの勘合がきつくて外せません。

無理に外そうとすると変形しそうなので、そのままグリースアップすることにしました。




購入したベルハンマーグリースは、粘度の高い方のNo.2だったのですが、それでもDURA-ACEグリースなどに比べればかなり粘度が低く、薄めに塗ったのではボールが落ちてしまいます。

結構多めに塗布して組み上げました。

早速、回してみると・・・


安物のハブなのになかなか止まりません。 

もちろんこれは、ベルハンマーグリースの極圧性の良さというよりは、低粘度の影響が大きいと思いますが。

いつもなら、何回か組み直して、限りなく0に近いガタを追い込むのですが、今回は一発OK。 スッキリしました。


続いてリヤ。

このDAHON2号機はSRAMのフリーでした。 SRAMのフリー抜きは持っていません。

SHIMANOのフリー抜きでは舐めてしまいそうですので、フリーを付けたままグリースアップします。



前後のハブをグリースアップし、早速試走してみましたが、なかなか良さそうです。

惰行性能が向上しているのが体感できます。

残る問題は、耐水性と耐久性でしょうか。 




試しにチェーンにも塗布してみました。

グリースをホワイトガソリンで10倍くらいに薄め、歯ブラシで一コマずつ置いていく感じで塗布します。



数回クランクを回して馴染ませ、余分をウェスでふき取ります。

ベルハンマーグリースのスプレーも市販されていますが、この方法の方が飛び散りもなく良さそうです。



これはGOOD!

動きは明らかに滑らかになりました。

普通のチェーンオイルのよりはベタ付きが少なく、シリコン系のチェーンオイルより長持ちしそうです。

お勧めです。

ちゃんとチェーンの汚れを落として、もう一度本格的にやり直ししましょう。

2018年9月11日火曜日

埼玉花ごよみ(秋海棠@椚平&小川町)(彼岸花@小川町)

秋の足音が聞こえてきました。

この季節の花を求めて出かけてみました。


くぬぎむら体験交流館

秋海棠を求めて椚村にやって来ましたが、まずは腹ごしらえ。

くぬぎむら体験交流館で「ひもかわうどん」を頂きます。



ひもかわうどんは季節商品。 9月1日から提供スタートです。

すごく温まりますので、夏は厳しいでしょうね。



甘めの出し汁が好みです。



秋海棠@椚平

さて秋海棠を楽しみましょう。

まずはP6周辺へ。



残念ながら、花が少ない。





鹿にだいぶ食べられてしまったようです。




続いて一番の群生地へ。

ここは3度目ですが、例年の華やかさがありません。



鹿の害を防ぐため、柵で囲われています。






鹿の害が身近になってきていますね。


秋海棠@小川町 二十二夜塔

昨日自転車で訪れた小川町の方が群生が大きい感じなので、再度訪れてみました。



やはり花の密度が高いようです。










彼岸花@小川町

続いて彼岸花の群生地を訪れてみました。 まだまだ蕾、これからですね。






おまけ ケイトウ

彼岸花の群生の近くに、ひときわ赤い塊がありました。

ケイトウです。 畑に植栽されている園芸種です。



秋ですね。

2018年9月10日月曜日

久しぶりに栗山まで

やっと朝晩は涼しくなりました。

ここ数日、家のエアコンのSWは入れていません。 さすがに、日中の車ではエアコンを稼働させていますが。



今日は、久しぶりに長い距離(自分基準)を走ってみましょう。 でも、午後3時から雨の予報ですので、それまでには戻らないと。


朝、出発準備をして08:16出発。

表道、裏道を織り交ぜながら、小川町の道の駅に到着。

道の駅の裏側に、川に降りられる階段が出来ていました。



小川町の道の駅からは、走り慣れた裏道を辿って「二十二夜塔」に到着。

「二十二夜塔」は栗山への登りの入り口近くにあります。

いつもは何もない空き地に数台の車が停まっています。

何だろうと辺りを見回すと、「秋海棠」が満開です。



「暑い、暑い」と唸っていましたが、いつの間にか、そんな季節なんですね。




夏のブランクでどの位体力が落ちてしまったのかを確認しながら栗山への急坂を上っていきます。

コンパクトクランクの効果もあって、何とか停まらずに「サンツアーミーティングの昼食場所」に到着。

ここで小休止。 ここまでほとんど休まずに来ました。



ここで折り返し、ちょっと戻って萩平方面への坂道を上り返します。

でも今日は萩平までは行かず、手前の林道御堂笠山線を下ります。



この林道は舗装されていますが、ほとんど車が走った様子がありません。 

結構急で長い坂道を下り、ブレーキを握る手が痛くなった頃、やっと平地に到着。

小川町方面に進むと、すぐに新しい道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」ですが、雨になる前に戻らなければならないので、後ろ髪を引かれる思いで、素通りです。

その後は、ひたすら走って、13時ちょっと過ぎに到着。

走行距離83km。 夏の間、怠惰な生活をおくっていた体には堪えました。

2018年9月3日月曜日

サイクルキャップ 自作

この夏は、晴れれば異常な暑さ、涼しいと怪しい天気 なので、なかなか本気で自転車に乗ることが出来ません。

2-3時間のポタリングには出かけていますが、何か変な欲求不満が溜まります。


ということで、室内作業、女子力アップ??の手芸、第3弾、サイクリングキャップの自作です。


便利な世の中になったものです。 ネットでググれば、サイクリングキャップの型紙などはすぐに見つかります。

でも、本当に自分の頭にフィットしたものになるのか心配でしたので、手元にある現物を参考に型紙作成。



参考とした le coq のサイクルキャップは57-59cmのサイズです。 自分にはちょっときつめなので、5mmほど大きめに型紙を作りましたが、ちょっと大きすぎ、後で調整しました。

バイザーの部分は2枚、クラウン部分(本体)は、山形の形(レンゲというらしいです)を4枚切り出します。



2日ほどミシンと格闘して完成。



布地は、フロントバッグ、サコッシュと同じ物を使用しました。 3つお揃いです。(余った布の処分です)



キャップの本体は、2枚を表、2枚を裏にしてみました。 

完成品を見ると、怪物くんの帽子!の様です。

頭回りや深さは、仮縫い時点で何度かやり直し、ベストフィットにしました。

まさに、オーダーの帽子です。

後ろ側にはゴムを入れ、さらにフィット感を向上し、風対策もしてあります。




内側のすべり(ベルトの部分)は、フロントバッグであまった20mm幅の綿テープを使いました。



被ってみると、こんな感じです。

正面







後ろ



オーダーです(笑)ので、被り心地は良いのですが、ちょっと生地が厚すぎ。

バッグとの共用は、無理がありました。

それとミシンの調子が悪く、上糸が弱すぎ、ミシン掛けに慣れていないので縫い目はウネウネ。

見た目は今一ですが、世界に一つのサイクリングキャップです。


次回は、もう少し薄い生地で作ってみましょう。

2018年8月27日月曜日

ベルハンマー グリース購入

最近、自転車仲間で評価の高い

「スズキ機工 LSベルハンマー カートリッジグリスNo.2」

を購入しました。



ベルハンマーグリースには、粘度の低いNo.0と粘度の高いNo.2がありますが、No.0は自転車の回転部分には粘度が低すぎて流れ出してしまうとの事でしたので、No.2を選択。

容量は、50mlのボトルと420mlのカートリッジがありますが、今後も使えると思いますので420mlにしてみました。



今回はAmazonで購入しましたが、メーカーのオンラインショップの方がかなり安く購入できるようです。 失敗しました。

さて、数年間オーバーホールしていない自転車が数台ありますので、暑さの様子を見ながらオーバーホールしていきたいと思います。

2018年8月26日日曜日

3か月連続でSLTMに参加しました

8月度のSLTMに参加してきました。 3か月連続です。

色々と刺激になりますね。




玉Gさんのサブリエール。


ブラケットを握ったまま親指でブレーキングするのだそうです。 

初めて見ました。





猛暑の中のサイクリングは、早めに切り上げて。





いつものレストランで昼食。

今回も色々な話題(物)が披露されましたが、今回、私の琴線に触れたのは「粗材」です。



カンパのハブの鍛造粗材です。 部品収集を極めると、ここまで行くのか・・・・



エルスタイプステムの加工途中品。

もう少し頑張れば・・・。  



いやー、毎回思うことですが、皆さん「すごい」です。

2018年8月21日火曜日

サコッシュ自作

先日自作したミニフロントバッグとお揃いの(あまり布の処分ともいう)サコッシュを作ってみました。




作り方はYouTubeを参考にしました。

「サコッシュ 手作り 裏地付き」で検索してみて下さい。



サイズ感はこんな感じです。



裏側は何もありません。



表側にポケット付き。



裏地を付けましたが、ポリエステルのツルツルした布にしましたので、ミシンをかける時に滑って(逃げて行って)大変でした。

綿にした方が良かったと思います。

YouTubeのようにはミシン掛けできませんので、結構大変でした。

でも、初心者でも裁断から縫製まで半日で出来ました。

まだ、肩紐について悩んでいます。 あまりゴツイと本体とのバランスが取れませんし、細すぎると肩に食い込みそうです。

とりあえず手元にあった8mm幅にしていますが、変更するかも。



金属や木材のDIYと違って、かなりファジーな感じがしますが、これ(手芸?)はこれで手作りの楽しさがあります。

モノ作りは楽しい・・・

2018年8月20日月曜日

ミニフロントバッグ 内蓋の留め具

先日自作したミニフロントバッグですが、内蓋の留め具が最後に残った課題でした。


簡単にベルクロで留める方法も考えましたが、やはり古典的にハトメを打って、ゴム紐で留める方法を選択。




フックは、出来るだけシンプルにしたかったので、ドイターのデイパックから救出したプラスチックの小型フックを使ってみました。



片手で出来ないのが難点ですが、狙い通りすっきりした感じになったと思います。

2018年8月8日水曜日

ミニフロントバッグの自作

最近は、ロードなどフロントキャリアの無い自転車に乗ることが多くなりました。

必要な荷物は、サドルバッグなどに収納していましたが、やはりフロントバッグが便利です。


円筒形のものを購入してみたのですが、今一つ使い勝手が良くありません。


そこで、自作してみることにしました。

最近は、バッグ類を自作する自転車仲間も多いので、その影響もあります。



自作に当たり、まず最初に決めなければならないのはサイズです。

必ず携帯するスマートフォンを基準にサイズを決めました。


rikoパパさんと同じように、カレンダーの紙でモックアップを作ってみます。



ちょっと大きいですね。 2cmほど高さを低くしてみましょう。



サイズが決まりました。


購入してきた生地を、型紙に合わせて裁断します。



生地は1m購入したのですが、大きすぎました。

この後、雨蓋の裏側のポケットを追加で切り出しましたが、それでも30cmで十分でした。

生地以外は、20mm幅の綿テープを4m、30mm幅の綿テープを50cm、D環を購入、それ以外は手持ちを流用しました。


裁断した布を、ミシン、手縫いを織り交ぜて、形にしていきます。

2日ほどかけて、ほぼ完成。






生地は、皮の模様がプリントしてあるものにしてみました。

思っていたより、腰が無くて、ペニャペニャです。

とりあえず、手元にあったプラダンで内ケースを作り、入れてみました。





幾つか、ポケットなど機能を付けましたので、紹介します。

雨蓋の内側にはポケットを付けました。

上面内側にはスマホを入れても良いかなと思ったのですが、寸法に余裕が無く、出し入れに時間がかかります。 この案は没。



スマホはサイドのポケットに入れることにしました。

ポタリングではカメラを持参せず、スマホのカメラで写真を撮ることが多いので、サイドポケットに入れたスマホは、簡単に出し入れができますので、便利になるでしょう。



雨蓋の2つのポケットには、とりあえず古くなったクリアファイルを切ったものを入れました。

少しは防水になるでしょう。



スマホは、上面に防水ケースに入れて取り付けることも考えていますが、スマホをナビとして使うとかなり熱くなり、大丈夫なのかと心配になります。



最近は、古いGPSを持ち出してきて、サイコン&ナビとして使うことが多くなっていますので、バッグの上面に30mmの綿テープを付けて保持できるようにしました。




実際に自転車に付けてみましょう。



下を向くのは想定内だったのですが、ガードに当たるのは想定外。

フレームが小さいと、こんな所にも気を使わないといけません。



昔作った簡易バッグサポーターを引っ張り出してきました。



一応、水平垂直に保持できるようにはなりますが、出来れば使いたくありません。



取り付けは、もう少し工夫が必要です。


今回は、初めてのバッグ作成ということもあり、出来るだけシンプルを目指しました。

一番大変だったのはパイピングでしょうか。

自作は、自分の使い方に合わせて、形や構造を工夫できるので気に入りました。

生地も余っていますので、他にも作ってみましょう。